介護の専門家が介護のお悩みについての質問に無料でお答えいたします

日本リックケアステーション訪問介護
介護サービス対応エリア
お問合わせ資料請求
リック介護のお問合せ

介護の無料相談について

新宿、杉並、中野、江戸川エリアごとに専門家が介護のお悩み・質問になんでもお答えいたします!

このような、介護保険、要介護認定の申請や、素朴な疑問など、
ご利用者様の介護に関する、悩み、困りごとをケアマネジャー(介護支援専門員)が
丁寧に伺い、各ご家庭に状況に合った内容でアドバイス、解決への解答などをさせて戴きますで
お気軽にお電話下さい!
介護の無料相談窓口のご紹介

相談予約:03-6272-8975(受付担当)
月曜日~金曜日 9時~18時(年末年始12月30日~1月3日を除く) 
※時間外のご希望もご相談ください。
※新宿区、杉並区、中野区、江戸川区を中心としたご相談をお受付しております。
※介護支援専門員(ケアマネジャー)がお話を伺います。お気軽にご連絡をください。

ご相談方法

■ お電話でのご相談・予約 
(お住まいの地域、介護保険について、要介護認定についてなど質問をご準備戴ければスムーズです。)
■お住いお近くの各事業でも承ります。(要事前予約)

事業所紹介はこちら>>

介護保険利用・要介護(要支援)認定 申請代行の無料相談

居宅介護支援事業所として10年以上の実績でご利用者様をサポート致します。

介護保険のサービス利用、要介護(要支援)認定は手続準備きから申請をし、認定を受けるという流れが発生致します。
初めてのことで、よくわからないと言ったお声はすくなくありませんので介護事業者では申請のお手伝いを出きる「居宅介護支援」というサービスがあります。

わたしたちリックケアでも「居宅介護支援」を行える介護事業者ですので、
介護についての手順、相談から、「介護保険利用手続き」「要介護(要支援)認定の申請」、
「ケアプラン作成」、など、全てお任せ頂きご利用者様に替わって代行致します。
もちろんその際の、費用ご負担はかかりません。

1.介護保険サービスを受けるための第一歩

介護保険利用は、ご利用者様のお住まいの市区町村へ申請が必要になります。
また、介護保険を利用し、在宅介護サービスご利用前には要介護認定申請からケアプランの作成も必要になります。
各種申請代行は日本リックケアステーションがトータルに承ります。
ご利用者様の費用負担はかかりませのでご安心してご利用下さい。

2.介護保険利用手続きは居宅介護支援でケアプラン作成を!
ご家族の数通りのケアプランづくりがあります。

介護保険を利用する為の準備として、「ケアプラン作成」のご用意が必要となります。
ケアマネジャー(介護支援専門員)がご利用者様の元へ伺いご家族と共に相談しなが介護プランを作成します。
その際には、心身の状態に合わせて、サービス内容や回数、時間を踏まえて、住み慣れたご自宅や地域で、自分らしく、
楽しく自立した生活が送れるように、これまでの生活スタイルをできる限り維持できるよう、皆さまのよきパートナーとしてサービスをご提供させて戴いております。

この様なお困りの方は是非一度ご相談下さい!

・今利用している事業所を代えてみたい。
・認定結果が届いたけど、どうしたらいいの?
・ホームヘルパーはどこへ頼めばいいの?
・介護保険の申し込みはどうするのか?
・利用できるサービスはどんな種類があるの?

無料相談から介護サービス開始までの流れ

ケアプランの作成、要介護認定・給付管理手続きの代行、サービスの管理、見直しなどまで支援いたします。

初めての介護は、ご本人にもご家族にも不安が多いかもしれません。ぜひ、私どもにご相談ください。
お客様やご家族の生活を中心軸にとらえ、「その方にとっての快適な暮らしはどうあればよいか」ということを、
お一人おひとりの立場になって感じ、考え、自分らしさの実現のお手伝いをさせていただきます。

ケアプラン(居宅サービス計画書)作成サービス

ケアマネジャー(介護支援専門員)とケアプラン(居宅サービス計画書)とは・・

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、介護の仕事を5年以上経験し試験を受け合格し、実務研修を受講して基礎を学び、都道府県に登録をして初めてなれる仕事です。
他の介護職よりも経験が長い分、そのキャリアを生かしてご利用者様の生活の状況を的確に把握して、より良い生活を送っていただくためのケアプラン(居宅サービス計画書)を作成します。

ケアマネジャーが持つ「2つの役割」
ケアマネジャーの役割 介護保険の申請代行

わたしたちケアマネジャーは、大きく分けて「2つの役割」を持っています。
ひとつめは、介護保険の申請代行を行うことです。ご自宅で生活をする上で、「ヘルパーさんに来てご飯を作ってもらいたい」、「デイサービスに行ってリハビリを受けたい」などの希望があった場合、介護保険の認定を受ける必要があります。そのためにまず必要になるのが、要介護(要支援)認定の申請になります。

申請自体は各自治体の介護保険課や、お住まいの地域にある地域包括支援センターで行うことができますが、ケアマネジャーがいる居宅介護支援事業所でも行うことができます。わたしたち日本リックケアステーションは「居宅介護支援事業所」として10年以上の実績があり、多くのケアマネジャーが日々ご利用者様のために活動しています。

ケアマネジャーの役割 ケアプラン作成

2つ目は、ケアプラン(居宅サービス計画書)を作成することです。

ケアプランとは、介護が必要になったご利用者様やご家族様の意向を伺い、生活の目標を決め、そのためにどのような介護サービスをどの程度の回数や方法でやっていくかを定めた計画書です。 このケアプランは、ケアマネジャーが取りまとめて作成しますが、あくまでもご利用者様本人、ご家族様のものですので、「ありたい姿」、「なりたい生活」をイメージしていただき、お話を伺いながら、どのような介護サービスを導入することでその目標を達成できるか、具体的な内容をご提案いたします。

詳しくは介護無料相談にて承りますのでお気軽にお問合せ下さい。

介護サービスの目的は、そのサービスを受けることにより、ご利用者様が意欲的で心身とも自立した生活を送れるようになることです。 サービスを受けること自体が目的ではなく、そのサービス提供によって、生活の質(QOL)をどう上げていけるか、というのが大切な理念です。

ケアプランを立てることは手段であり、目的ではありません。
ご利用者様は、その人生において様々な経験を経て今を生きておられます。
私たちは、その人生の大先輩に対して常に敬意を持って接していかなければなりません。

加齢による心身の衰えはご自身にとってとても辛い経験だと思います。
「ひとから、介護を受けたくて受ける」ひとは誰もいません。
ご自分でやりたいけれどできない。
そのもどかしさや不満、不安を理解したうえで関わっていくことが
一番大切だとわたしたちは考えます。

できることは継続して行っていただき、やりたいけれどできないことについても
様々な切り口から目標を一緒に考えます。
一方的に何かを決めていくことは簡単かもしれません。
しかし、おひとりお一人希望される生活は違います。「どのような生活をしていきたいか」、
「ご本人様・ご家族様がどうなりたいか」が最も大切です。

たとえご病気や障害などがあっても、それを補える支援を受け、それまでどおりの生活が継続できれば、
生きがいをもって過ごすことが可能です。

わたしたちは、専門家としてできうる限りの社会資源の紹介や介護のあり方について提案いたします。
それらの情報を検討して、一緒に考えていける関係構築が、ケアマネジメントをするうえで
大切な姿勢だと考えています。

介護・ケアマネージャー採用情報
リック介護について
メニュー
介護サービスエリア
PAGE TOP▲