リックケア介護の仕事内容について

日本リックケアステーション訪問介護
介護サービス対応エリア
お問合わせ資料請求
リック介護のお問合せ

介護の仕事内容

福祉社会のサービス精神にのっとり、高齢者のための自立支援と豊かな社会の形成に貢献します

会社は自己成長、自己実現のステージ

会社は「仕事をやらされる場」ではなく、自分の「やりたいことを実現する場」です。
どうすれば、会社という「舞台装置」を使って自己表現していけるかを
考えることが大切です。

自分が提供する仕事がお客様と一緒に働く仲間に評価、感謝され、
それにより自分を成長させ、会社を発展させていくことが、
プロフェッショナルとしての仕事です。

お客様との信頼関係を築く

わたしたちの仕事は、様々な状況の中で生活をされている高齢者や障害者の支援をすることです。
介護を受けたくて受けている方は多くないと思いますし「自分で自由に過ごしたい」が本音ではないでしょうか。
しかし、病気や障害が原因により、できないことの支援、お手伝いをわたしたちは行います。
主体はお客様ご本人で、自立に向けて支援をするために、わたしたちの専門性が必要になります。
お客様との信頼関係を築き、認められ、評価され、感謝される亊なしには、わたしたちの専門性を発揮することは
出来なと考えます。

相手を認め、協力を惜しまない

仕事はひとりではできません。関わっているひとからの協力があり、
初めて成果を挙げることができます。
協力を得るためには、相手を認め、助けてあげる姿勢を示すことが大切です。
自分のためではなく、「まず、お客様のため、仲間のため」に動く。
その行動が当たり前になると、自然とまわりがあなたのやることに興味を示し、
評価をしてくれ、協力をしてくれるようになります。

わたしたちの目的は、「たとえ病気や障害があっても夢や希望を持てる社会を創る」ことです。この夢の実現のため、変わり続ける環境にあわせて、私達も常に変化し成長していきます。そのためには、働くひとり一人が、お客様との信頼関係を築き、仲間との協力体制を構築し、介護の専門性をさらに磨く。
わたしたちと一緒に働き、日本リックケアステーションというステージで自己実現を果たしてください。

リックケア「介護の仕事内容」

わたくしたちのお仕事は、介護の必要なご家庭へ介護サービスを提供しています。
住み慣れたお宅で過ごしていただく為、お客様の自立と尊厳を守りながら、専門性と温かみのあるサービスを提供し、お客様の生活をサポートしています。

求める訪問介護へルパーの在り方

訪問介護ヘルパーは、ご利用者様のご自宅を訪問し、ケアプランに沿って介護サービスを提供するお仕事ですが、日本リックケアステーションにて介護ヘルパーとして従事していただく方へは、是非、【サービス提供責任者】を目指してほしいというのが介護事業本部から本音です。

その為に、年間10名以上の資格取得者を輩出している研修制度を用意し、
キャリアプラン制度もしっかり整えています。
介護のプロというポジションから【介護ビジネスのプロ】を目指せるフィールドで、活躍してほしい想いがあります。

介護ヘルパーの職場につて

介護サービス提供場所は主にご利用者様のお宅になり、勤務先は日本リックケアステーション各事業所となります。

介護サービスについて

主に大きく分けて2種類

身体介護

ホームヘルパーが家庭を訪問して、食事の介助や排泄支援、入浴介助などを行う。

生活援助

ホームヘルパーが家庭を訪問して、家事や調理などを行う。
入浴・排泄などの介助や、掃除、洗濯、食事の準備などのお手伝いを行うサービスをしています。

サービス提供責任者への考え方

サービス提供責任者は、「訪問介護」において、非常に重要なポストであります。
ケアプラン内容ついてケアマネージャーとの折衝と把握と拠点サービス力の把握を含めての介護サービスを提供するまでの【総合マネジメントの中核】を担うポジションと考え、日本リックケアステーションでは、ケアプランをより良い付加価値を提供すべく、ケアマネージャーとサービス提供責任者の想いを汲み取るべく、打ち合わせを重ね、コミュニケーション不足の解消し、利用者様への提供時の誤差を最小限に抑える努力を試みています。

業務内容
ヒアリング

ケアマネジャーから提出されるケアプランの認識共有を図ると同時に、介護を受ける本人とそのご家族から生活の状況やご希望を伺い、具体的なサービス内容を決めて、お客様とそのご家族に確認と了承を頂く為により「具体的な訪問介護計画書」を作成。

サービス開始

ヘルパーによるサービスが始まり次第、ケアプラン内容が利用者様に合っているか等を確認し、必要に応じてケアマネージャーと連携を取り、再度計画を立て直します。この流れを繰り返し、訪問介護サービスをマネジメントしていきます。

管理業務

ヘルパーの勤務内容や管理をするコーディネータ役をするのもお仕事です。
素朴な疑問も一緒になって解決をしたり、急に体調が悪くなってお休みをすることになったヘルパーの代わりに自らサービスを行ったりもします。サービス提供責任者は、ヘルパーの良き相談役でもあります。

リックケアのケアマネジャーの在り方

利用者様の満足を提供するには、提供するプロセス構築の重視と考えます。
その為にはサービス提供責任者との意思の疎通は不可欠な要素であるために、コミュニケーション不足を解消するハブとなる様、介護事業本部もバックヤードとしてフォローアップしていく体制です。

理想の結果を求めるには、ゴールの選定、実現する為の目標を常に共有して、
イレギュラーな事案に対して的確に解決し付加価値を上げるよう努めれるパートナー
としてケアマネージャーを捉えています。

ケアマネージャーへの考え方

ケアマネジャーが行う主な業務は、介護保険制度において介護を必要とされる方、要介護認定を受けたご本人とそのご家族から介護事業者(サービス提供責任者)へのハブでありコーディネート役でもあります。双方に対するコミュニケーションスキルが必要となるポジション、いわば利用者様の「介護プロデューサー」でも有ります。

主な業務内容

お話し合いをして、生活の状況、心身の状態や介護の必要性を把握して戴き、
ケアプランの作成や提供する【介護サービスの調整・管理】をサービス提供責任者などと連携を取って行います。

ケアプランは独断で判断し決めるのではなく、ご本人のご希望やご家族のご希望を的確に判断し、相談しながら介護サービスを選んで作成をしていきます。コミュニケーションを充分に取り、協調性を持って行う、責任が大きなお仕事です。

福祉用具専門相談員の在り方

用具の機能、使い勝手と、障害を持つ利用者の残存機能についての「知識と知恵」、ご利用者様のニーズにぴったり合う用具を利用者とともに選んでいく「調整力」がこの仕事は鍵となり、とても奥深いお仕事です。

福祉用具専門相談員への考え方

日本リックケアステーションでは現在、力を入れていきたい部門であり、様々な用具や改修工事といった方法、適切なアドバイス、改善することだけではなく「利用者及びケアマネージャーへに価値ある提案」の訴求力という指標を軸に、求める人材への募集も力をいれております。

その為に、介護事業本部としては事業部自体のケアマネジャー含め他社ケアマネージャーへの接触機会を増やし人的ネットワークの構築を創造しています。

主な業務内容

主にケアマネージャーからの要望に対し福祉用具のレンタルや販売、住宅改修の関連業務とその他、他社ケアマネージャーとの折衝。

求人専用ダイヤル:0120-983-197
WEBからの応募は下記リンクからご応募下さい。

日本リックケアステーションで募集している職種はこちらからご確認下さい。
介護・ケアマネージャー採用情報
リック介護について
メニュー
介護サービスエリア
PAGE TOP▲