介護が必要になった時の手順や申請・手続きについてまとめています

日本リックケアステーション訪問介護
介護サービス対応エリア
お問合わせ資料請求
リック介護のお問合せ

介護が必要になったらどこへ相談したらいいの?

介護が必要になったら「地域包括支援センター」又は「介護サービス事務所」にまずは連絡を

最初にどこへ相談するのか?どのような順序で進めるのかを知りたい場合はまずは、
下記へのご連絡相談か始めましょう。
1、区・市役所区、市役所の介護保険課へ問合せ。
2、「地域包括支援センター」へ問合せ。 
3、居宅介護支援ができるお住まい地域の介護事業者へ問合せ。

まずは、電話・直接窓口などへお問合せを。
※地域包括センターの電話等が分からなければ、区、市役所の介護保険課等でも教えていただけます。

介護保険サービスを利用するには「要介護認定が必要」です。
ご利用負担無料の各種「申請代行サービス」をご利用することをお勧めします。

1、近隣のケアマネージャーを有する介護事業所(居宅介護支援)への依頼
2、「地域包括支援センター」から紹介される介護事業者への依頼

介護保険利用・要介護(要支援)認定の申請代行で早期に申請手続きを終えるには積極的に活用することを強くお勧めします。その際ケアプラン作成も一緒にご相談するとよいでしょう。

尚、緊急性がある場合は認定の結果がでる前でもサービスの利用可能ですが、要介護認定を行った結果が非該当、サービスの限度額を超えた場合は、その超過分は「全額自己負担」となる場合もありますので確認下さい。

介護に関する悩み、困りごとをケアマネジャーが丁寧に伺い状況に合わせたご提案を致します。お気軽にお問合わせ下さい。

日本リックケアステーションの事業所をご案内しております。お住まいの地域によってご対応する事業所がことなります。

1、出来ないところ支援する介護プラン。
2、本人の要望を取り入れた、具体的な生活要望。
「本人が出来ることをして貰う」とできなる廃用症候群を起こしかねないのでケアプラン作成の際に実直に話し合うべきこと薦めます。以上に配慮してケアマネージャーとのケアプラン作成を実現することをお勧めします

1、生活の質(QOL)と日常生活動作(ADL)の確保。
2、延命・看取り場所など事前取り決め。

ご本人様とご家族の話し合いでサービス利用を決めていくことが大切です。

郷里の親は遠方で、なかなか市区町村の窓口まで出かけられない。地域の目が気になり相談しにくい。
気になってはいるけれど仕事が忙しくて情報が得られない。さまざまな状況の中で親を心配しながらも一歩が踏み出せない方も多いのではないでしょうか。
初めてのことは誰もが不安を感じます。
まずは、はじめの第1歩として気軽に電話してみましょう。進む方向が見えると安心できます。
また、現在はインターネットで地域の介護サービス情報や介護保険の仕組みなどの情報を得ることもできます。
いつでもどこでも自由に情報が得られるインターネット情報も上手に活用されることをおすすめします。

相談機関

●お住まいの地域の市区町村の介護保険課や高齢福祉課などの窓口
●お住まいの地域の地域包括支援センター
(2006年より開設。担当地域の住民を対象に、
介護保険に関するさまざまな支援を行う。要介護認定の申請も受け付ける)

電話相談

●「介護支え合い電話相談」0120-070-608
(厚生労働省の助成を受けて国際長寿センターが実施)

インターネット情報

●WAM NET(ワムネット):
独立行政法人 福祉医療機構運営の福祉・保健・医療の総合情報サイト介護事業者情報
http://www.wam.go.jp/kaigo/
●介護早わかりガイド 
http://www.wam.jp/kaigo_guide/ 
●福ナビ
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/
●域包括支援センター窓口を探す
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/eip/04korei/service/01soudan/chiikihokatu.html

介護・ケアマネージャー採用情報
リック介護について
メニュー
介護サービスエリア
PAGE TOP▲