介護サービスをはじめて利用するときに知っておきたい基礎知識

日本リックケアステーション訪問介護
介護サービス対応エリア
お問合わせ資料請求
リック介護のお問合せ

介護サービスを初めて利用する上で知っておきたい基礎知識

自身の家庭にベストな介護サービスを選べていますか?

はじめに
高齢化社会の日本において、全人口の65歳以上の割合が年々増加し、社会保障や医療、介護に関する情報を日々多く目にします。それに並行して、介護サービス事業も多種多様に展開されています。
その中で、ご本人、ご家族が最適な介護サービスを選べているのか?
また「本当にこれが良い介護施設・サービス」なのか?
ご本人、ご家族の問題だけに、“結局、どうやって介護していけば良いの?”と
判断に迷うことが多いのではないでしょうか。

例えば、「このまま自宅で介護を続けるほうが良いのか?」、「支援を受けるにはどんな準備が必要なのか?」、
「金銭的負担の軽減の方法は?」、「介護サービスの選び方は?」、「ケアマネジャーとは?」など、
利用する側も事前にもっと情報があれば、介護サービス事業者、または行政窓口に相談する際も状況を伝えやすくなり、希望に沿った介護サービスを受けることができるのではないでしょうか。
介護サービスの種類と選び方
「介護保険」で受けられる介護を俗に「介護サービス」と呼びます。
この介護サービスは利用者がサービスを行う事業者と直接、契約を結んで受けることになっています。
介護保険を利用した介護サービスは大きく二つ
ひとつは、自分の家に住みながら受けられる【在宅介護サービス】
2つ目は、特別養護老人ホームなどの 施設に入って受ける【施設サービス】
これらの介護サービスを利用するには介護認定の申請が必要です。
介護保険の大まかな対象例
  • 65歳以上で、毎日の暮らしに手助けが必要になった時。
    または寝たきり、認知症で常に介護が必要になった時。
  • 40歳~64歳で、特定の病気で介護が必要になった時。
その他対象になる病気がありますが詳しくは「 介護サービス利用までの流れ 」にてご案内致します。
介護施設サービス/在宅介護サービス一覧
介護保険利用で受けれる介護サービス種類

続けられるかを考える
要介護者の状況とご家庭の事情によってしっかり判断

介護を受ける側、介護を申し込む側、ひとつの家庭に2つの事情が重なるため介護施設、在宅介護、
両サービスともに細分化されているとも伺えます。

「自分の家で面倒をみたい」、「自宅で介護する!」という在宅介護も選択もひとつでしょうし、
高齢者施設へ入居を選ぶご家庭もあるでしょう。

そこで、介護サービスを選ぶ際に基準のひとつして押さえたいのが、
それが継続できる環境かどうか」をしっかり見分けたいところ。

続けるためにサービスを組合せる

在宅介護サービスと言ってもサービスには数種類あります。これらを組み合わせることで、
家庭の「介護疲れ負担軽減」や「要介護者の気分転換」にもなります。
また、在宅介護サービスの良い点の一つとして、プロの介護技術が間近で観ることもできるので、
ご自身で介護する際に役立つこと請け合いです。

それでは、要介護者が直接受けるサービス群を【訪問型】と【施設型】、【地域密着型】でまとめてみましょう。

訪問型介護サービス
訪問型

看護師や介護福祉士などの医療介護の資格者が訪問しケアを提供してくれます。様々なサービスがあり、訪問介護(ホームヘルプ)、訪問看護から訪問入浴介助にいたるまで、ご状況にあわせて、サービスが受けられます。

福祉用具レンタル・在宅改修型

住宅を介護用に手すりなど付け、改修したりするリフォーム費用の助成制度もここに含まれます。

施設型介護サービス
通所型

デイサービスセンターなどに行き、日常生活の介護やリハビリ(機能訓練)を受けられます。
ご本人が外出する機会にもなり、ご家族の予定にあわせて利用することもできるので、介護の負担軽減にもなります。

短期入所型

通所介護サービスのような日帰りではなく、宿泊型のサービスを受けられます。
介護保険のサービス利用料に加え、宿泊費用(居住費・滞在費)や食費は別途自己負担になります。

居住型

「老人ホームの長期利用」を指します。専門家がずっと診ていてくれるというメリットがありますが、
反面かなり金銭的負担が大きい。

地域密着型介護サービス
地域密着型

その名の通り、お住いの地域の行政、介護サービス提供者により介護内容は千差万別。
24時間365日必要なときにヘルパーや看護師が来てくれる「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」、認知症があるご利用者様に特化したデイサービス「認知症対応型通所介護」、認知症の方が共同生活を送る「認知症対応型共同生活介護」、有料老人ホーム等の小規模版の「地域密着型特定施設入居者生活介護」、特別養護老人ホームの小規模版の「地域密着型介護老人福祉施設」など様々あります。

高齢者施設も求めるサービスによって種類も様々

高齢者施設も種類が様々。
直感的に「老人ホーム」と連想する単語も「介護付き」「住宅型」などに別れています。
価格も大小異なります。

有料老人ホームは「有料」であるが故、比較的入所がしやすく
老後の資金を十分に確保しているひとの場合は、非常に相性がよい。

リハビリテーションに重きを置いた「介護老人保健施設」、
疾患もちのひとが中心の「介護療養型医療施設」、認知症(痴呆症)のひとが共同生活を営む「グループホーム」、
生活支援のみの「ケアハウス」などがあります。

老人ホームに入所できない!?

最近、「老人ホームに入所できない」というお話を耳にしませんか?
ここで言う「老人ホーム」「高齢者施設」は、主に【特別養護老人ホーム】を指します。
この施設は公共団体や社会福祉法人が運営しており、
他の介護施設より利用料金も安く、全国平均で入所率は99パーセントを誇ります。
入居者は要介護度4~5の方が多くを占めており、要介護度が高い方から優先的に入居が決定します。

まとめ

要介護認定を受けてから、高齢者施設、在宅介護サービスを探す方が多いのが実情ですが、余裕を持って情報を集めておくことが大切です。
肝要なのは「自宅に住んでいるなら高齢者施設は利用できない」、「高齢者施設は定員がいっぱいで入居できないから、自宅で介護をするしかない」と言ってあきらめるのではなく、行政の担当者やケアマネジャーなどの介護の専門家に相談し、状況にあわせて様々な介護サービスを組み合わせることができます。

基本的には自宅で介護を受けるけれど、時にはショートステイ(短期入所)サービスを利用する

ことも可能です。
通所介護や訪問介護、訪問看護などもうまく組み合わせる事をお勧めします。

初めての介護無料相談電話はこちらすぐ!>>>

介護・ケアマネージャー採用情報
リック介護について
メニュー
介護サービスエリア
PAGE TOP▲